スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
これがそれ
かなり今更な話題でなんですが、
マイケル・ジャクソンの「This is it」、見に行ってきました。

急逝する直前まで行われていたライブ・リハーサル風景を編集した映画ですが、
まー、なんというか。
見る気しなかったんですよね。
ずっと。

そもそも、マイケル・ジャクソンに何ら興味なかったってのも大きいんですが、
死んでからあからさまに持ち上げられてる感じが嫌だなーって。

だって、
それまでって、結構、ひどい扱われ方してませんでした?
まるで興味がなかったからか、私の目に入ってきてたのは、
整形した顔が気持ち悪いとか、
児童に性的なことしたとか、
そういう情報ばっかだった気がするんですよ。
ネバーランドとかいって、変なとこに住んでるらしーぞ、とかさー。

昔はスーパースターだったんだけど、今は、ね。
みたいなさー。

違った?

それが死んだとたん、えらい持ち上げられてさ。
みんなが大好きだったあのマイケルが、みたいな感じでさ。
嫌だなーって、冷めた目で見てたんですよ。

なので、これまで見に行ってなかったんですが、
気が変わって、見てきました。
「This is it」。

で、感想なんですけどね。
いやー。
すごいね、マイケル。
圧倒されましたよ。

ほんとすごい。
私ごときでも圧倒的なまでにすごさが分かるくらいにすごい。

一挙手一投足、つま先から指の先まで、ピーンと神経が尖ってて、
動きの一つ一つが気持ち悪いくらいにかっこいい。
そのマイケルの後ろには、ものすごい数の中から選ばれたバックダンサー達が踊っているんだけど、
もう、マイケルとはまるで違うのが、一目瞭然なんですよ。
レベルが違うのではなく、ジャンルが違うくらいに、違う。
バックダンサーたちもすっごく上手いのに、まるで違う。
極めて上手い凡人と、スターの差、というような。
同じ振り付けの踊りをしているのに……。

そんなことを思いながら見ていた映画の中盤、
ギターソロを引いてる金髪ねーちゃんがちょっとかっこよくて気になる。
一瞬、舞台の主役がマイケルからそのねーちゃんに移った気がしたくらい、いい感じ。

その後、
後半あたりで再度出てきて、名前まで紹介されたので、大急ぎでメモを取る。
オリアンティ・パナガリス。
金髪むちむちのギタリスト。
顔も体も演奏もいい感じ。

何者だろうと思い、
帰ってからネット検索したら、あの女いいねーみたいな意見を多数発見した。
やっぱ、そうか。

普通、マイケル・ジャクソンみたいなスーパースターが主役だと、
それ以外の人は、どんなにすごくても霞んでしまうのだが……。
そんな状況でも光って見える人ってのはいるものなんだな。

きっと、これから、
MJの置き土産のように、売れるに違いない。

CDが出たら買おうっと。

*

それはそうと、
MJの死について。

コンサート直前に急死ってのは、嘘だと思う。
本当は、もっと前に死んでたんじゃないだろうか。

リハーサルをしていたときには、
すでに、心臓が止まっていたんじゃないだろうか。

そんな美しさだった。

美しい骸骨だった 月光を浴びて踊っていたはずだった





スポンサーサイト
[2010/01/24 23:09] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「ピーチボーイが腰にぶら下げているもの」 | ホーム | のりピー(替え歌)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://reversethrust.blog45.fc2.com/tb.php/78-3589996c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。