スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
君は何故「ちょっと遊んだだけなのにエイズになんて」なろうとするの

小学校の低学年だった頃、
家にスズメが飛び込んできたことがある。
虫取り網を駆使し、なんとかそのスズメを捕まえて、
鳥かごが欲しいと母にねだった。
そのスズメを飼おうと思ったのだ。
しかし、
その日は日曜日だったのだろう、父が家にいて、諭された。
「野性の鳥は、人間になつかないから、
飼おうとしたってすぐに死んでしまうぞ」

なるほど、
そうかもしれない。
父が貸してみろと言うので、言われるままにスズメを渡した。
すると、父は、
「死なせるくらいなら食べたほうがいい」と言い、
スズメの首をつかむと、くいっ
とやった。

えぇっ!と絶句している僕を尻目に、
羽をむしり、
スズメは鳥肉になってしまったのだった。

そして、夕食。
それは焼き鳥として皿の上にあった。
そして、
お前が捕まえたスズメなのだから、
一番旨いところをお前が食えと言われ、
スズメの一番旨いところだという頭部を渡された。

本来なら、
「あんなに可愛かったスズメを食べることなんてできない」
というのが正しいリアクションだろうと思うのだが、
思わず、「頭だけは勘弁して」と言ってしまい、
結局、
足の部分を食べるはめになってしまった。

このスズメが、これまで食べたものの中で
一番インパクトのあるものだ。



逆に、
インパクトが強烈すぎて食べられなかったものもある。

小学校の高学年の頃のことだ。
当時、僕は、飼育係をやっていた。
学校で飼っていたニワトリとウサギの世話をする係りだ。

ニワトリは、ほとんどがメスで、オスは1羽だけだったのだが、
そのオスがとても気の荒い奴で、
1羽だけ別の小屋に飼われていた。

そのオスは、
小屋の掃除をするとすぐに逃げ出し、
逃げ出すとものすごいスピードで逃げ回った。
その結果、
付いたあだ名がカールルイス。
走る速度が尋常じゃなかったのだ。
しかも、
掴まえようとすると、逆に、猛スピードで攻撃される。
本当に怖い奴だった。

ところで、
掃除は大変だったけど、餌やりは楽しかったから飼育係の仕事は好きだった。
しかも、役得もあった。
産みたての卵だ。
小屋の掃除をした人は卵を持って帰っていいということになっていて、
当然、
いつも持ち帰って食べた。

卵をいくつも持ち帰った日は、家族にも分けたけれど、
大概は一つしかなく、ひとり占めで食べた。
新鮮な卵は、スーパーなんかで買う卵よりずっと美味しく感じたし、
産みたては味が違うねなどと自慢しながら食べるとなおさら美味しかった。
特に、卵かけご飯にすると美味しかった。
新鮮な卵は、生で食べるのが一番だよねと、自慢しながら食べた。

卵かけご飯というのは、
お椀に卵を割り、かき混ぜ、醤油を入れてから、白いご飯にかける
というのがスタンダードなやり方だろう。
しかし、
その場合、どうやっても、お椀に少し卵が残る。
せっかくの貴重な卵なのにもったいないと思って考えた結果、
白いご飯の上に直接卵を割って、
ご飯と一緒にかき混ぜればいいことに気がついた。

それを実行したその日の卵が、
いつもと様子が違うなどとは、微塵も思わなかった。
そして、
うきうきしながら割ったその卵から出てきたのは、
ヒナだった。

ヒナといっても、まだできかけのヒナ。
白いご飯の上に、ベチャッとできかけのヒナの死体と、濡れた羽毛と、血。
うぎゃっ!

てっきり産みたてと思っていたけど、随分前に産んだものだったんだろう。
見つからずに、ずっと親鳥が暖めていた卵を、
その日、目ざとく俺が見つけて持ち帰ったということなのだろう。
親鳥には申し訳ないことをした。
しかも、
このヒナとご飯は食べずに捨ててしまったので、
その意味でも申し訳なかった。

ということで、
これが、食べられなかったものの中で、
一番インパクトがあったもの。
もし、
この文章を読んで気分が悪くなった方がいたら、
ごめんなさい。
生卵を食べる度に思い出して頂ければ幸いです。



ところで、
いま書いていて気付いたのだが、
あの卵が、ヒナに育っていたということは
有精卵だったということになる。

ということは、
あれは、カールルイスの子どもだ。
いつも別の小屋に隔離されていたはずなのに、
いつ仕込んでいたのだろう。

掃除の隙に逃げ出しては、
やることをやっていたということか。

なるほど、あの激走。

納得できる。


 Naef_Cubicus_Line
 “背の順で体育座り”
   Cubics/Naef

おまけ短歌
心からぎゅうっとされて未来まで安らぐような愛を与えろ

 
 
ブログランキング、押してくださった方がいるようで、感謝!
今日の順位は35位。
記録更新です。




スポンサーサイト
[2008/12/07 23:27] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。